バーミキュラの使い方

バーミキュラはとっても簡単!素材本来のおいしさを引き出す火加減をマスターしましょう。

  • 鶏のジューシーロースト
  • 無水カレー
  • つやつやごはん

無水調理をするときは、VERMICULAR(極弱火)の火加減が最適です。

vermicular POINTは、無水調理をするときに焦げつかず、野菜の甘みをもっとも引き出せる火加減です。
この火加減が野菜を一番おいしく調理できるのね。でも、具体的にどのくらいの火加減なのかしら?

バーミキュラポイントの火加減は、バーミキュラでお湯を沸かし、「湯気の勢い」を見ることで簡単に見つけることができます。

  • 水煮沸時蒸氣緩慢地向上方噴出,這是最適合無水烹調的火候。

  • 水煮沸時蒸氣猛烈地湧出,這樣的火力很可能會燒焦食物。
  • 過了很久仍全無蒸氣噴出,火力不足會令烹煮時間變得太長而令食材的原味流失。
バーミキュラの性能を100%発揮する VERMICULAR POINTの火加減をマスターしよう!
始めの一回だけ確認すれば大丈夫ね!この火加減を覚えておけば次からはカンタン。
VERMICULAR POINTの火加減は、お使いのコンロによって微妙に異なります。

以下只供參考 ・・・(親自試一次以上的步驟會更能掌握火候調節的技巧)

「中火」も活用して、もっと楽しく、おいしく

中火是指爐火佔鍋底約一半的面積。可用中火來預熱鍋身、煎煮、令食物表面呈金黃色、煲水或熄火前最後短暫加熱 (但不可用大火)。

如可令食物表變成金黃色?
STEP 1 用中火將加蓋的 Vermicular 鍋預熱3分鐘
STEP 2 均勻地加油
STEP 3 用鉗輕壓食物直至呈金黃色

如可預熱鍋身?
煮任何菜式之前,均可用中火預熱鍋身2至3分鐘來縮短煮食的過程。以中火預熱5分鐘之內並不會為鍋身帶來任何損害。

ご注意

琺瑯是較精巧的物料
琺瑯是由玻璃材料製成,請避免強烈碰撞,同時不要用金屬廚具 (金屬鑊鏟、鋼絲刷等) 以免損壞琺瑯表面。

避免突然強烈的溫差
過熱、乾燒 (空燒)、將冷水倒進熱鍋內等皆有可能損害琺瑯塗層或令鐵鍋變得容易煮焦。如果鐵鍋已乾燒 (空燒)了一段時間,請讓鐵鍋自然冷卻而切勿倒水入鍋。

請用隔熱手套
煮食時金屬手柄和鍋蓋蓋紐均會變熱,接觸時請用隔熱手套等隔熱用具。

鍋身表面有微細小孔、小範圍不平滑、凹位或顏色不均等皆屬正常現象
每個 Vermicular 鑄鐵鍋均由工匠們以人手製造,固每件產品之間會有極些微差別,或出現微細小孔、小範圍不平滑、凹位、顏色不均等,但這些情況都完全不影響產品質素和功能。
オーナーズデスク